2019年 8月 20日 (火)

自殺・他殺あった不動産「事故物件」 紹介サイトにアクセス集中

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自殺や他殺、火災などがあった不動産の「事故物件」を紹介するサイトが注目を集めている。俳優の押尾学被告が出入りし、女性の変死体がみつかった部屋も登録されるなど、首つり、死体遺棄といった物騒な「事故物件」が集められている。ところが、2009年9月21日の18時頃から閲覧が不可能になり、ネットで憶測を呼んでいる。

東京23区、武蔵野、横浜、川崎市内の物件

   このサイトは「大島てる」という不動産会社が運営する「大島てる CAVEAT EMPTOR」。「事故物件」とは、不動産業界では一般的に所有権についての係争がある場合や死亡事故、所有者の倒産などがあった物件を言うが、このサイトでは「事故物件」を「殺人事件や火災による死亡事故等の、嫌悪すべき歴史的事実があった物件」と定義している。

   扱っているのは東京23区と、武蔵野、横浜、川崎市内の情報。「事故物件」のある場所には地図に「炎」のようなアイコンがつき、事故のあった日付、建物名、部屋番号や、事件の概要が示される。首つり、撲殺、拳銃自殺、死体遺棄など、なんとも物騒なものが多い。

   ネット上では、「自分の部屋が事故物件だったら。恐ろしくて調べられない!」「ひどい死に方をされてるとやっぱり嫌だなぁ」とする書き込みもあれば、 「事故物件歓迎。家賃安くなるし」「オカルトとか嫌いだから、こういうお得な物件を選ぼうと思った」「こういう情報、需要あるよね」と綴る人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中