キリン、ビール類シェア3年ぶりトップに

印刷

   ビール大手5社が2009年10月13日に発表した発泡酒と第三のビールを含む国内ビール類市場のシェア(09年1~9月)で、キリンビールが3年ぶりの首位に返り咲いたことがわかった。キリンのシェアは前年同期比0.9ポイント増の37.9%。それまで首位だったアサヒビールは37.3%だった。キリンは、「のどごし〈生〉」が同12.8%増になるなど第三のビールが同25.4%増と大幅に伸びた。一方、アサヒは主力の「スーパードライ」が7.4%減と不振だった。09年1~9月の出荷量の合計は5年連続のマイナスの同2.4%減で調査を始めた92年以来最低。うちビールは49.9%と初めて5割を切った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中