出会い系サイト2社、広告メール大量送信で改善命令

印刷

   消費者庁と総務省は出会い系サイトの広告メールを受信者の同意なしに大量に送ったとして、サイト運営会社の「エイト(EIGHT)」(東京都渋谷区)と「アルファクト」(同)に対し、特定電子メール法違反で2009年10月19日に改善を命じた。特定電子メール法が消費者庁と総務省の共管となってから初めての処分。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中