国内のPC出荷、10月は2割増 「ウィンドウズ7」が需要押し上げ

印刷

   電子情報技術協会は、2009年10月のPCの国内出荷台数は71万6000台だった、と2009年11月25日に発表した。米マイクロソフト社の新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」搭載機種が需要を押し上げ、前年同月比21.5%増という高い伸び率を記録した。出荷台数の72.6%をノート型が占めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中