2019年 7月 17日 (水)

糖尿病患者に朗報 10年ぶり新薬が発売

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   世界85か国以上で使用されている糖尿病治療薬「DPP-4阻害薬」が、日本で初めて、万有製薬によって発売される。新薬の名は「ジャヌビア錠」。日本ではじつに10年ぶりの新しい糖尿病治療薬の登場で、糖尿病患者には朗報だ。1日1回の経口投与で、食事に関係なく服用でき、血糖改善の有効性や副作用に関する安全性にも優れているという。

   糖尿病は「生活習慣病」といわれるように、日ごろの食生活や生活態度によって知らぬ間に進行する。糖化した血液成分が全身の毛細血管を傷つけるため、網膜症や腎症などのさまざまな合併症を引き起こす危険がある。日々の食事療法や適度な運動で進行を遅らせることはできるが、治療の成果がなかなか表に現れないこともあって、つい実行が疎かになりがち。血糖値を抑える薬を処方してもらって飲み続けている患者も少なくないはずだ。

4人に1人が糖尿病とその予備軍

糖尿病に10年ぶりの新薬「ジャヌビア錠」
糖尿病に10年ぶりの新薬「ジャヌビア錠」

   2007年の厚生労働省の調査によると、糖尿病人口は、糖尿病が強く疑われる人は約890万人。糖尿病の可能性が否定できない人(予備軍)を加えると約2210万人と推定され、20歳以上の4人に1人が糖尿病とその予備軍に属する。これにメタボリック・シンドロームの疑いがある人とその予備軍を加えると、40~74歳の男性の2人に1人が、女性の5人に1人が対象となる(国民健康・栄養調査)。それだけに、万有製薬が2009年12月11日に発売を予定している新薬への期待は大きい。

   今回、万有製薬が発表した「DDP-4阻害薬 ジャヌビア錠」は、血糖値を下げるインスリンの働きを活発にする「インクレクチン」というホルモンの効き目をより強める、まったく新しいタイプの薬だ。

   DPP-4阻害薬は、インクレチンがすい臓でつくっているインスリンの細胞に働きかけて、インスリンを多く分泌させる作用をもつが、インクレチンは分泌するとすぐにDPP-4という物質によって壊されてしまう。DPP-4阻害薬は、このDPP-4の働きを封じ込めて、インクレチンがすい臓に働くようにして、インスリンを増やして血糖値を下げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中