2022年 12月 1日 (木)

「特例会見」仕掛けたのは中曽根氏? 前原発言で「ドロドロ」戦争

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

自民党は「政治利用」検証の特命委員会を設置

   そのような事情もあって、自民党は攻撃の手をゆるめない。「前原発言」を知った谷垣禎一総裁は12月15日、

「まさに『顧みて他を言う』ということ。責任の転嫁というのが正しいのではないか」

と批判。石破茂政調会長も翌16日の会見で

「国土交通大臣の発言は真意がよく分からないが、いかなる確証をもってそういう発言をしているのかということがなければ、国務大臣の発言としては極めて無責任かつ不適当だ」

と前原国交相を非難した。

   自民党は16日、天皇陛下の政治利用について検証する特命委員会を設置。今回の経緯を調査するとともに関係者や有識者から意見を聞いて、党としての見解をまとめるとしている。

   批判しているのは自民党だけでない。メディアからも異論が噴出、特に厳しいのが産経新聞だ。15日付け紙面で外務省関係者の「中国の走狗」「亡国政権」という言葉を紹介しながら、中国に配慮して特例を認めさせた鳩山内閣やその背後にいる小沢一郎幹事長を強く非難している。

   ただ、なかには「自民政権も天皇陛下の政治利用をしてきた」という意見もないわけではない。ある元全国紙記者は

「園遊会だって政治利用だ。だれを天皇陛下の園遊会に招待するのかというときにも必ず政治的な判断がある」

と指摘する。宮内庁長官が投げかけた波紋はまだ静まりそうにない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中