2019年 3月 26日 (火)

人生相談にものります! 「僧侶ネット」がスタート

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   石川県の僧侶が開設したサイト「僧侶ネット」がユニークだ。僧侶が仏事にかかわる相談を受け付けたり、人生相談にものったりする。離れて暮らす高齢者の安否を確認する有料サービスも行うという。開設者は「僧侶がもっと近い存在になれば」と話している。

「僧侶ネット」は2010年1月18日に開設された。サイトを通じて、通夜・葬儀・葬式の相談や依頼、それに講演や法話を申し込むことができる。利用者は宗派や地域、依頼の目的を選んで、自分にあった僧侶を手軽に見つけることが可能だ。現在は9人の僧侶が登録しており、写真付きの人物紹介のページも整えられている。また、お布施の目安も掲載されている。

開設者は2年前に父親を継いだ元サラリーマン

   サイトの運営者は、石川県金沢市にある専徳寺の副住職・吉岡聡さん(47)。開設に至った経緯をこう説明する――。実は、吉岡さんはサラリーマンとして働き、10年間会社経営をしていた経歴の持ち主だ。今から2年前。それまで時折手伝いをしていた僧侶の仕事を本格的に始め、父親の跡を継ぐことになった。その際、僧侶の感覚が一般の社会とはずれていたことに驚いた。門徒があって成り立っている寺運営にあって、寺側から何かを働きかけることがほとんどなかったからだ。

   付き合う門徒のほとんどは高齢者。その子どもの多くは首都圏で働いている。将来、寺の存続問題にもかかわることだ。そうした中で葬式も、葬儀社が取り仕切る機会が増え、僧侶の派遣会社などもあらわれた。吉岡さんは、僧侶との付き合いが少なくなり、僧侶を知らないために、相談することが難しくなっているのではないか、と考えた。それがサイトの開設につながった。サイトでは僧侶に直接依頼できるようにも工夫した。

「もう少し私たちの方からも積極的に関わっていこう、と。僧侶がもっと近い存在になればいいと思っています。もっとも、こちらから歩み寄っていかなかったので、相手も寄りつかないところがあったのかもしれませんが」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中