『タイタンの妖女』翻訳家、浅倉久志氏死去

印刷

   SF小説の翻訳家で知られる浅倉久志氏が2010年2月14日、心不全で死去していたことがわかった。79歳だった。浅倉氏はカート・ヴォネガット『タイタンの妖女』や、フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』などの翻訳者として知られる。

   ミステリー小説に強い出版社・東京創元社は2010年2月16日、自社のHP内のニューストピックスでも浅倉氏死去を伝えた。同社のヒット作でもあるSF小説『タウ・ゼロ』(ポール・アンダースン)について、筆者が1998年に来日した際、訳者の浅倉氏に対して「素晴らしい翻訳だった」と絶賛したというエピソードを紹介した。この時、「シャイで温厚な」浅倉氏はにこにこと笑っていたというが、実は本人はまったく聞いていなかったという後日談も紹介している。

   また、「ハヤカワ・ミステリー」のシリーズで知られる早川書房も17日、浅倉氏が海外SFを日本に根付かせた功績を紹介した。彼の翻訳や紹介でSFの面白さを知ったファンや作家、評論家は数知れないと回想している。「あとがき」やエッセイの名手としても知られ、その業績はエッセイ集『ぼくがカンガルーに出会ったころ』(06年、国書刊行会)に詳しいという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中