2018年 7月 20日 (金)

辛さ控え目ラー油「大戦争」 桃屋に続きエスビー参入

印刷

   エスビー食品がおかず感覚で使えるのを売りにしたラー油を売り出す。すでに発売されている桃屋の商品が爆発的に売れており、エスビーの参入で今後市場競争が一気に激化しそうだ。

   エスビー食品は2010年3月23日、「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」を発売する。フライドガーリックなどの具材と、控えめにした辛さが特徴で、幅広い料理に使える「万能調味料的」なラー油だという。

年間売上高3億5000万円目指す

エスビーから発売される「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」
エスビーから発売される「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」

   具材入りのラー油に関しては、09年夏に桃屋が「辛そうで辛くない少し辛いラー油」という商品を発売している。従来のラー油とは違い、フライドガーリックやフライドオニオンなどが入っており、コンセプトは「食べられるラー油」。発売して数ヶ月でラー油市場1位を獲得した。現在も爆発的人気が続き、全国で品薄状態が続いている。

   今回発売されるヱスビーの「おかずラー油」もそうしたラー油人気を受けたもので、同社の広報担当者は

「具材入りのラー油は04年ごろから出していたのですが、ここ最近の内食志向で再び需要が高まり、流通側からも弊社への期待があったので、今回新たに発売することになりました」

と語る。

   値段は桃屋のラー油が110グラム400円前後で売られているのに対し、エスビーのラー油は同量で希望小売価格330円。アーモンドが入っているのが特色で、年間売上高3億5000万円を目指す。

「ご自宅で料理する際、簡単にいつもの料理にアクセントを付けることができます。冷や奴にのせたり、カレーに入れることもできます。幅広いお客様に受けるのでは」

と話している。

ツイッターで期待高まる

   ツイッターでは、桃屋のラー油が「桃ラー」と呼ばれるなど、以前からラー油には関心があったが、今回のエスビーの新商品も注目されている。

「エスビーの調味料部門は信用できる味付けが多いので期待」
「買い物リストに追加」
「アーモンドが入っているのが気になる」

といった呟きが見られ、かなり期待されているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中