2019年 10月 16日 (水)

外食産業「ネット通販」に活路 レストランの味を家庭にも

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   不景気の影響で売上が伸び悩む外食産業は、「ネット通販」に活路を見い出そうとしている。通販サイトで冷凍食材を販売したり、宅配専門サイトを使って料理のデリバリーを始めたりと、各社とも工夫を凝らしている。

   ファミリーレストラン最大手すかいらーくがネット通販に参入した。冷凍食品を販売する「すかいらーく通販ストア」を2010年2月17日にオープンし、全35メニューを展開する。レストラン「ガスト」で扱っている総菜セット「おかずパレット」の他は通販専用商品で、ビーフシチュー&緑黄色野菜のグリル、えびと帆立のホワイトソース、じっくり煮込んだ肉じゃがなどがある。また、高齢者や単身者の需要を見込み、320キロカロリー以下に抑えたおかずセットや、老化防止食品を使用したものも売られている。

「一番大事なのはおいしいこと」

全35メニューを販売する「すかいらーく通販ストア」
全35メニューを販売する「すかいらーく通販ストア」

   同社は「ガスト」で1998年に宅配サービスを始め、今では全店舗のうち約半数(約650店)で実施している。宅配できないエリアもあり、冷凍食品のネット通販に踏み切った。また、ネット通販のニーズが高まり、マーケットが拡大していることも追い風になった。

   広報担当者は、

「ネット通販では新規参入となりますが、繰り返し食べていただくのに一番大事なのはおいしいことだと思っています。すべて自社工場で作っているレストラン屋にしかできない商品開発を目指していきます」

と話している。

   宅配事業全体での売上高は100億円超で、今後拡大を見込んでいる。

   ファーストフード店「モスバーガー」を展開するモスフードサービスも、09 年11 月4 日から通販サイト「楽天市場」に出店している。同社がネット通販で商品を販売するのは03 年~07 年に自社サイトで野菜の産直販売を展開して以来だ。

   店で使っている国産野菜を詰め合わせた「モスの野菜 定番セット」や、冷凍したフライドチキン「冷凍モスチキン」など10 品程度を売っている。今後は店舗の人気メニュー「モスライスバーガー」の冷凍食品なども販売する。09年12月はクリスマスに向けて「冷凍モスチキン」の売れ行きがよく、売上高は計画の2倍となった。広報担当者によるとその後も計画通りに推移し、初年度は3000 万円程度を見込む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中