2022年 5月 27日 (金)

ライブドア売却検討 最有力候補は韓国NHN?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ライブドアホールディングス(LDH)が傘下のポータルサイト「ライブドア」の売却を検討していることが分かった。売却先で有力なのがポータルサイト「NAVER(ネイバー)」を運営する韓国のNHNではないかと囁かれている。LDH広報は「売却を検討しているのは事実だが、今のところ何も決まっていない」と話す。LDHは子会社の売却を進めていて「ライブドア」の売却により子会社はゼロになる。

   ブルームバーグの2010年3月11日電子版によれば、LDHDは2010年1月にポータルサイト「ライブドア」売却の1次入札を行った。そこで候補に上がったのが韓国で最大のポータルサイトを運営するNHNや投資会社ロングリーチなど国内外の5社。この5社が10年3月17日に最終入札を行い、4月に売却先が決まる、としている。

売却か再上場かの選択があった

   LDH広報によれば、04年の有価証券報告の虚偽記載事件以降、関連会社を順次整理してきた。ライブドアマーケティングやライブドアオート、弥生、ライブドアファイナンシャルホールディングスなど上場企業も多く含まれていた。ポータルサイト「ライブドア」も売却を検討していた一つで、売却か再上場かの選択があった。

   同社広報によれば、

「ライブドアを売却する可能性があるのは事実。ただし、報道されている内容は当社が発表したものではなく、今後については何も決まっていない」

と説明した。「ライブドア」を売却すれば同社の子会社はゼロになる。

「子会社が無くなったからといって、事件に関する訴訟が数多く残っており、また、旧経営陣に対する責任追及もある」

とし、「『仕事』はまだまだ山積している状態だ」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中