2021年 9月 28日 (火)

「続きはツイッターで」  新手法CMが登場

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   テレビコマーシャルとウェブサイトを連動させる手法に、変化が出始めた。これまでは、ウェブサイトに誘導して詳しい情報を見てもらうため、コマーシャルの終わりに「続きはウェブで」とナレーションが入り、ウェブ検索用のキーワードが表示されるのが一般的だった。

   これに対して、「続きはツイッターで」というコマーシャルが登場した。1回140文字限定で投稿するテキスト中心のツイッターで、どのような効果をねらっているのだろうか。

画面下に「twitterで小説配信中!」と表示

宣伝ポスターにも、ツイッターとの「連動」をうたっている
宣伝ポスターにも、ツイッターとの「連動」をうたっている

   本能寺に乗り込んできた敵の集団を間近にして、部屋で悠々と缶コーヒーを味わう織田信長。傍らにいる濃姫の呼びかけにも「慌てるでない」と逃げる気配もない。すると、敵が射掛けた矢で2人の背後にあった掛け軸が下に落ちる。現れたのは「非常口」――。

   缶コーヒーブランド「ジョージア」の新製品テレビコマーシャルは、このようなコミカルな内容になっている。注目は最後の1コマだ。炎上する本能寺を外から見つめる2人のシーンの画面下に、「twitterで小説配信中!」と表示され、「本能寺は変」で検索するよう視聴者に促している。誘導先は製品の特設ウェブサイトで、ここまではよく見られる手法だ。サイトにアクセスすると、今度は「小説」を配信しているというツイッターのページのフォローを呼びかけている。

   小説内容は、コマーシャルとの直接的なつながりはない。話の語り手として「つぶやく」のは信長ではなく、サラリーマンの「譲司阿太郎(じょうじ・あたろう」というキャラクター。缶コーヒーを買おうと自動販売機のボタンを押した瞬間に異変が起きて、気づいたら織田信長になりかわっていたという設定で、物語が展開していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中