2019年 12月 9日 (月)

エイベックス社長告白 東方神起「内部に亀裂」は事実

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国の「東方神起」が活動休止するまでのゴタゴタを、所属レコード会社エイベックスの松浦勝人社長(45)がツイッターで告白して波紋を呼んでいる。メンバー5人のうち2人に「会わせてもらえない」というのだ。CD不況の中で頼みの綱だっただけに、悩みは深刻のようだ。

   2005年に日本でもデビューした男性アイドルグループ「東方神起」は、NHKの紅白に2度も出場するなどして人気が爆発。10年2月発売のベストアルバム、3月発売のシングルがそれぞれ80万枚、30万枚も出荷して絶頂期が続いている。

「握手を求めたらしかとされた」

まだ5人にこだわっているようだ
まだ5人にこだわっているようだ

   それだけに4月3日の活動休止発表は、音楽関係者やファンらにショックを与えた。公式ファンクラブのサイトには、復活を願うファンから1万件ものコメントが寄せられたほどだ。

   ドル箱グループだけに、エイベックスもつなぎ止めるのに必死だったようだ。その経緯を同社の松浦勝人社長が、ツイッター上で告白している。

   フォロワーのファンから、5人との関係を聞かれ、松浦社長は4月11日からつぶやきを始める。活動休止の背景には、メンバーのうちジェジュンさん(24)ら3人と韓国の所属事務所とのトラブルがあったとされる。が、それ以上に、メンバー間など人間関係の亀裂が深刻だったらしいのだ。

   松浦社長は、この3人とは話ができるが、チャンミンさん(22)ら残りのメンバー2人とは話もできず、連絡先さえ教えてくれないと告白する。そして、うち1人にこんな仕打ちを受けたというのだ。

   「一番悲しかったのは去年のレコード大賞の楽屋で偶然チャンミンに会って握手を求めたらしかとされたこと…」

   つまり、無視されたということだ。それを見た3人側のジェジュンさんが腹を立てていたという。

   さらに、松浦社長は、TBS系で4月11日放送の「アッコにおまかせ!」で明らかにされた「内部分裂の真相」は、ほぼ事実だとも書いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中