阿久根市長 「専決処分」で職員ボーナス半減

印刷

   鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が2010年5月28日までに、市職員と市議、市長の夏季・冬季ボーナスをほぼ半減する条例改正を、市議会を通さず専決処分とし、公布した。

   条例改正により、市職員約200人と議員16人、市長のボーナスが約半額になる。給与条例の改正を専決処分で行うのは異例で、組合や議会からは反発の声が挙がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中