2019年 1月 18日 (金)

ねづっちは創価学会員、機関紙に登場 信仰を深め「整いました!」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   即興なぞかけで大ブレイク中のお笑いコンビ「Wコロン」のねづっちさんが創価学会の新聞「創価新報」1面インタビューに登場しネットで話題になっている。創価学会に入会したのは大学4年の時で、お笑いの道に進むきっかけを作ってくれた友人の誘いだったという。学会の活動に真剣に取り組んでからテレビ出演が増えブレイクに結びついた、などと語っている。

   ねづっちさんといえば即興なぞかけ。お題を出されると即座に「ととのいました!」の掛け声と共に「カーナビ、と掛けて、腕利きの外科医と解く。その心は、渋滞(重体)だって感知(完治)します」など見事ななぞかけを披露する。

学会活動に邁進、テレビやラジオの仕事が舞い込む

   そんなねづっちさんが創価学会の機関紙・聖教新聞が月2回発行している創価新報の2010年7月21日付けに登場。「信心で『整いました!』芸の世界で夢を実現」という大見出しが踊った。

   インタビュー記事によれば、ねづっちさんがお笑いの道に進もうと思ったのは中学生の時。一方で古文も好きで国語の教師もいいと思っていた。しかし大学受験に失敗。一浪の後に進学はしたものの将来について悩んだ。そんな時に友達からお笑いライブに誘われた。行ってみると中学生の時の夢を思い出し、再びお笑いの道に進むことを決意。そのライブに誘ってくれた友人の誘いで創価学会に入会したのだという。

「折伏(勧誘)してくれた友達との出会いがなかったら、僕も、お笑いの道に入っていなかったかもしれません」

とねづっちさんは答えている。

   始めは学会の活動に熱心ではなく、芸能界での仕事も少なかった。そうした中、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんから叱責、励まされたことをきっかけに学会活動に邁進。すると、テレビやラジオの仕事が舞い込むようになった。今年は友人を学会に折伏(勧誘)することができ、仕事がバンバン入るようになった、ということだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中