2020年 10月 21日 (水)

銀座に活気が戻ってきた ブランド好き中国客急増

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   消費不振が伝えられた東京・銀座に、再び活気が戻りつつある。一翼を担っているのが、このところ急増中の中国人観光客だ。中には、20万円分も高級化粧品をごっそり買っていく猛者もいるというのだ。

   「男性の方でも、ブランドを指名買いしていくんですよ。中には、資生堂などの高級化粧品を10個、20万円分もまとめ買いされた方もいましたね」

三越は、免税店売り上げが1.4倍

中国人に席巻される?
中国人に席巻される?

   三越銀座店の広報担当者は、中国人観光客の購買意欲について、こう驚く。

   このところ、銀座では、中国人観光客が増え、それを取り込む店側の動きも次々に報じられている。

   背景にあるのが、2009年7月に、中国人の個人観光ビザが、年収25万元(約340万円)以上の富裕層を対象に発給されるようになったことだ。10年7月からは、年収6万元(約80万円)以上などの中間層にも発給され、中国人観光客がさらに増えると予想されている。

   その需要に応えようと、三越では、9月11日に売り場面積を1.5倍に広げる店舗内に、外国人観光案内所を設置することを決めた。カウンターに2、3人を常駐させ、銀座の街の情報も伝える。増床したのは、必ずしも中国人狙いではないが、広報担当者は、「中国のお客さまにも満足していただきたい」と話す。

   同店の免税店は、10年1~6月までの売り上げが、前年同期に比べて1.4倍にも増えた。その8割が中国人だといい、英バーバリーなどの高級ブランド服も人気だという。増床後は、伊フェラガモも店内に出店し、中国人観光客を取り込むと報じられている。

   一方、ライバルに当たる松屋銀座も、正面受付に中国語の案内係を置き、中国語のフロアガイドも各階に掲げた。8月に拡充する高級ブランド雑貨売り場は、中国人狙いというわけではないが、その取り込みにも熱心だ。

「ルイ・ヴィトンなど海外のブランド物が、中国の方に人気ですね。化粧品などは日本製も人気で、5万円の高級美容液を2、3個まとめ買いする方もおられます」(広報課)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中