2020年 12月 2日 (水)

殺虫剤効かない「スーパーゴキブリ」 世代交代で次第に「耐性」強化

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ゴキブリは毒エサの危険性も「学習」

   駆除業者の中には、こうしたゴキブリを「スーパーゴキブリ」と呼ぶ人もいる。

   都内の駆除業者「アルバトロス」の担当者は、「色んな薬剤で殺そうとするため、この5~6年、スーパーゴキブリが増えてきた」と明かす。

   殺虫剤だけでなく、近年主流になっている毒エサタイプの「ベイト剤」も効きにくくなっている。ゴキブリは0.5ミリの隙間があれば十分で、電気スイッチや電話の受話器の中にも入り込むことができる。そのため、中途半端に「見える所」だけにベイト剤を使っても、死んだ仲間から出た「フェロモン」で、ゴキブリが危険を「学習」してしまうのだという。

「ゴキブリも賢いのです。弊社では壁の隙間などにも徹底的にベイト剤を打つことで、ゴキブリが『口コミ』を広げて警戒し始める前に、一気に殺すようにしています。ベイト剤の種類も、1種類ではなく数種類使い分けてなんとか食べさせるようにしています。何十年も前、スリッパで叩き殺していた時代には、そんなゴキブリはいませんでした。人間がゴキブリを進化させてしまった、ということでしょうね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中