2019年 10月 20日 (日)

孫社長に限ったことじゃない! パソコンなくとも仕事できる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ソフトバンクの孫正義社長が日々の仕事で、パソコンを使わなくなったらしい。iPhoneとiPadだけで、99.9%の仕事をこなしていて、日常生活においても使わないのだそうだ。

   ところが、iPadの登場でデスクトップ型のパソコンを使って仕事をする機会が減ったのは孫社長に限ったことではないようで、手のひらの上で仕事をこなしている人が急増している。

閲覧や承認、短い文章の作成はiPadで十分

iPhoneとiPadを使って仕事をすれば、パソコンはいらない?
iPhoneとiPadを使って仕事をすれば、パソコンはいらない?

   タブレット型コンピューターの「iPad」(Wi-Fi版)が発売されて、まだ3か月ほどだというのに、早くも人々の仕事や日常生活に変化をもたらしている。「デスクトップ型のパソコンを開く機会が減った」という人は少なくないし、ノートパソコンですら重たくなって、持ち歩くのをやめたビジネスパーソンも少なくない。

   なにしろiPadは手のひらサイズだから、携帯するにも便利だし、WEBの検索・閲覧などはパソコンとあまり変わらない。

   それにしても、孫社長は本当に99.9%の仕事をパソコンなしでこなしているのだろうか――。ソフトバンクに聞くと、「まったく使っていないということはないのでしょうが、ほとんど使わなくなっているのは本当です」と、パソコンを使わなくなってきたことは間違いないようだ。

   ソフトバンクの社内では、社員は業務用にiPhoneを使っているが、孫社長はiPhoneとiPadの使用をとくに奨励していることはなく、iPadの利用はまちまち。「人によってはパソコンを使う機会が減ったという人がいるかもしれませんが、まったく使わないということはないですね」と、広報部は話す。

   iPadは、少々入力しづらいこともあって、調べものや資料づくり、長文を書くには適さないが、閲覧やメール程度の短文を書くくらいであれば簡単にできる。パソコンだと立ち上げるだけでも時間がかかるので、社長や管理職が確認や承認のための作業などで使う分には、仕事上でも問題ないのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中