「Bプラン」って何だ? 「押尾学語録」ネットで再燃

印刷

   保護責任者遺棄致死などの罪に問われた元俳優の押尾学被告(32)の裁判で、ネットでは2010年9月6日、7日の公判で証人によって語られた押尾被告の様々な言動から、かつて大人気だった「押尾学(お塩先生)語録」が再び注目され、今ならば押尾被告がどんなセリフを発するのか、などの議論がされている。

「最高の俺は他人は当然、俺自身も超えられない」

   「押尾学語録」が再び注目されるきっかけになったのが、押尾被告がMDMAを「アミノ酸」と隠語で呼んでいたことや、「ダメだ、ダメだ、Bプランを考えてくれ」と提案したなどの証人の証言。「Bプラン」というのは飲食店従業員の田中香織さん=当時30歳=が死亡する際に、なぜ救急車を呼ばなかったか、死亡した責任を誰になすりつけるかの「打ち合わせ」などで出た押尾被告のセリフ。ネットでは「Bプランって何だ?」と話題になった。

   押尾被告はメディアのインタビューやコンサート、日常会話で奇想天外な発言をしているとされ、その発言は「押尾学語録(お塩先生語録)」と呼ばれていた。代表的なものに

「最高の俺は他人は当然、俺自身も超えられない」
「俺はアメリカ人。見てくれは日本人だけど、心はアメリカ人っす!」
「お前らが今付き合ってる女は、俺と付き合えないから仕方なくお前らと付き合ってるんだ」

などがある。もっとも、押尾被告自身は07年4月19日に開設したブログで「押尾学語録」について

「押尾学認定済と書いてあるらしいけど、認定してねえよ!(笑い)俺がカートコバーンの生まれ変わりだとか、言ってねえ。俺は日本人。ていうか1978年生まれだから生まれ変われねえ」

と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中