2019年 10月 16日 (水)

構造不況の新聞業界に異変 産経・毎日「部数減で黒字転換」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「押し紙」を維持できなくなった可能性も

   ただし、

「販売経費を削減せざるをえなくなった結果、いわゆる『押し紙』を維持できなくなった可能性もある」

と、経費削減の結果として部数減に繋がっているとの見方だ。また、すでに販売店が疲弊していることから、

「部数は、このまま粛々と減っていくでしょう」

ともみる。部数が減ると、用紙代や輸送費が浮くという一時的な経費削減効果があり、これは今後の決算に反映されてくるものとみられる。

   これに対して、読売新聞は、09年1月~6月が1001万8117部なのに対して10年1月~6月が1001万6735部と、減少幅は0.1%未満だ。だが、内訳をみると、「即売」の売り上げが急増している。09年1月~6月が7万9233部、10年7月~12月が10万34部、10年1月~6月が12万2528部。1年で何と55%も伸びている。

   販売店の体力が限界に達するなか、この即売の急増ぶりに「1000万部を守る意志」を感じ取っている業界関係者も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中