2018年 7月 20日 (金)

10月の景気ウオッチャー「弱い動きがみられる」

印刷

   内閣府が2010年11月9日に発表した10月の景気ウオッチャー調査によると、3か月前と比較した景気の現状に対する判断DIは、40.2となった。前月に比べて1.0ポイント下回り3か月連続で低下した。ただ、下落幅は縮小している。

   内閣府は判断を、「景気は、これまで緩やかに持ち直してきたが、このところ弱い動きがみられる」に据え置いた。

   家計動向関連DIは、家電エコポイント制度の変更に伴うテレビ等の駆け込み需要がみられたものの、たばこの値上げの駆け込み需要の反動や、エコカー補助金の終了に伴う新車販売の落ち込みなどにより低下した。

   企業関連DIは、自動車の生産調整、円高の影響による輸出の減少や受注単価の下落がみられることから、こちらも低下。雇用関連DIも、正社員の採用を中心に企業の慎重な態度が続いていることを背景に低下した。

   2~3か月先の景気の先行きを判断するDIは前月に比べて0.3ポイント下回り41.1となった。低下は2か月ぶり。家計部門関連DIは上昇したが、企業関連DI、雇用関連DIは低下した。エコカー補助金の打ち切りや円高などの影響を懸念する向きがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中