2019年 9月 17日 (火)

揺らぎ始めたiPhoneの独占 ドコモ「巻き返し」の秘密兵器

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   NTTドコモが売り出した韓国サムスン電子製のスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシーS」が好調だ。発売前から予約が殺到し、一部の販売ランキングではアップルの「アイフォーン(iPhone)」を追い抜いたという。

   ギャラクシーSは、米グーグルが開発した基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。世界的にはアイフォーンをとらえつつある「アンドロイドケータイ」で、国内でもアイフォーン独占の時代に終止符を打つことができるか。

「フラッシュ」見られるのが強み

「ギャラクシーS」はアイフォーンの対抗機に
「ギャラクシーS」はアイフォーンの対抗機に

   サムスン電子が開発したギャラクシーSは、欧米市場でも人気のモデルだ。操作性はアイフォーンに似ているが、ディスプレーに有機ELを採用して色彩を鮮やかに表現できるのが特徴。アイフォーンでは見られない「フラッシュ」を使った動画などのコンテンツも表示されるため、ウェブサイトの閲覧に適している。軽さや持ちやすさ、薄さもセールスポイントだ。

   2010年10月28日の発売前から人気は高く、予約台数は約5万台に上った。ドコモは2010年4月に、ソニーエリクソン製スマートフォン「エクスペリア」を投入したが、同社広報部によると、「予約のペースはギャラクシーSの方が速かった」という。

   日本のスマートフォン市場は、アイフォーンの独占状態が続いている。MM総研が10月26日に発表した、2010年度上期の国内スマートフォン出荷台数は223万台で前年同期の2倍以上と急増、そのうちアップルが60.1%を占めた。だが、「ITメディア」がマーケティング会社GfK Japanのデータを基に発表した携帯電話のキャリア別販売ランキングを見ると、10月25日~31日の週は、ギャラクシーSがアイフォーンを抜いて首位に立った。これまで独壇場だったアイフォーンに対抗する強敵が現れたことを示したとも言える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中