「破れかぶれ解散の可能性」 民主・小沢一郎元代表が言明

印刷

   民主党の小沢一郎元代表は、2010年11月18日夜の新人議員グループ会合で、菅直人首相が政権運営に失敗して早期の衆院解散に踏み切る可能性がある、と明らかにした。

   出席議員の話として新聞各紙が伝えた。それによると、小沢氏は、菅首相を批判して、「破れかぶれ解散の可能性がある」と述べたという。 

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中