景気「足踏み状態」、100社のうち78社 読売新聞アンケート

印刷

   読売新聞は、国内の主要企業100社を対象とした景気アンケートの結果を、2010年11月23日の紙面などで報じた。10年11月9~19日に実施したこの調査によると、景気の現状認識について「足踏み(踊り場)状態にある」と回答したのは78社で、10年4月の調査よりも44社増加した。また「緩やかに悪化している」と答えたのは12社。「急速に悪化している」も1社あった。前回調査では「緩やかに悪化している」「はっきりと悪化している」とした企業はなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中