裁判員裁判で初、少年に死刑判決 宮城3人殺傷事件で

印刷

   元交際相手の姉や友人ら3人を殺傷したとして殺人罪などに問われた宮城県石巻市の元解体工の少年(19)の裁判員裁判で、仙台地裁は2010年11月25日、求刑通り死刑の判決を言い渡した。裁判員裁判の死刑判決は2例目だが、少年に対しては初。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中