図書館が「ヌードの袋とじ」外し陳列 「市民の知る権利奪う」と議会で追及

印刷

   兵庫県の明石市立西部図書館が、雑誌の8ページにわたる女性のヌードの「袋とじ」部分を外して陳列していたことが分かった。その袋とじには「老若男女の妄想を狙い撃ちにする」などと過激な見出しが付いていた。図書館側はこれまでも雑誌の付録は外して陳列してきたが、今回の袋とじも「付録」と勘違いしてしまったと説明。新たに雑誌を購入し、袋とじを切り開いて陳列した。この問題は明石市議会で取り上げられ、市の教育委員会は不適切な行為だったと認め陳謝した。

セックス特集で「老若男女の妄想を狙い撃ち」の袋とじ

   問題になった雑誌は集英社の「小説すばる」10年7月号。小説誌がヌードの袋とじを入れるのは珍しいようで、この号の告知にも「小説誌初の試み!」とし、「老若男女の妄想を狙い撃ちにするヌード袋とじ!!」と書かれている。

   なぜヌードの袋とじが付いたかといえば、この号の特集が「最強!のセックス特集」のため。その他にも女性作家によるセックス小説が満載で、多様化するセックスが簡単に理解できる「21世紀セックス『なぜなに』キーワード図鑑」といったものも掲載されている。

   図書館は子供も多く利用するため、こういったものを陳列するのはどうか、ましてやヌードグラビアなどは見せられない、などといった図書館側の判断だったのか、というと、そうではないらしい。

   明石市立図書館に話を聞いてみると、市内の図書館では雑誌の付録に関しては取り外し本誌のみを陳列している。最近の雑誌の付録にはバッグや傘などが付いていたりして、利用者が付録を無断で持って行くことがあるからだという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中