2019年 10月 18日 (金)

JAL、整理解雇は170人 一部組合、提訴の構え

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)は2010年12月28日の定例会見で、雇用契約を打ち切る整理解雇の対象者が170人になったと発表した。同社は12月27日まで希望退職を募集していたが、人員削減目標に達しなかった。一部組合は解雇無効を訴えて提訴する予定で、11年以降、法廷闘争が長引く可能性もある。

「断腸の思い。一日も早い再生を」

定例会見に臨むJALの大西賢社長(左)と稲盛和夫会長(右)
定例会見に臨むJALの大西賢社長(左)と稲盛和夫会長(右)

   JALは10年12月8日、希望退職に応じない従業員を12月31日付けで整理解雇する方針を発表。202人に対して解雇を通知していた。同社がその後も希望退職を募ったところ、12月9日から27日にかけてパイロット約10人、客室乗務員(CA)約10人、休職者約10人が応募。その結果、パイロット約80人、CA約60人、休職者約30人を整理解雇することが決まった。

   会見に臨んだ大西賢社長は、

「当社のために汗水流して働いた社員だということもあり、人員規模の適正化のためとはいえ、ご本人やご家族に対して申し訳ないという気持ちでいっぱい。まさに断腸(の思い)、身が引きちぎられるような思い」

と述べた上で、

「血のにじむような思いで一日も早い再生を目指したい」

と強調した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中