2018年 7月 23日 (月)

中電、30年めどに新規原発 長期計画で構想

印刷

   中部電力は2011年2月24日に発表した長期経営計画「経営ビジョン2030」の中で、2030年をめどに300万~400万キロワット規模の原子力発電所を新たに建設する方針を明らかにした。また、二酸化炭素(CO2)の排出を減らすために、発電電力量に原発が占める割合を50~60%にまで高める目標も明記した。中電の原発は、静岡県御前崎市の浜岡原発のみで、09年度発電電力量に占める割合は14%にとどまっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中