2018年 7月 19日 (木)

都心の小学校では「防空ずきん」で下校始まる

印刷
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち
グラウンドで防空ずきんをかぶって保護者を待つ生徒たち

   東京都千代田区六番町の番町小学校では、地震直後に授業を打ち切り、下校を始めた。交通機関が機能していないため、学校側は保護者に連絡し、保護者が迎えに来るなどして確実に帰宅できることが確認できる生徒から帰宅させている。16時頃、グラウンドには、防空ずきんをかぶった大勢の生徒が保護者の迎えを心配そうに待っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中