福島民友新聞の記者が遺体で発見 津波に巻き込まれた?

印刷

   東日本大震災後に行方不明となっていた福島民友新聞社の記者、熊田由貴生さん(24)が2011年4月2日、遺体で発見された。

   同社によると、熊田さんは地震直後の11日16時頃、配属先の相双支社に自身の無事を報告。支社長から南相馬市役所に向かうよう指示を受けたが、その後行方がわからなくなっていた。遺体は同市鹿島区内の田んぼから見つかったといい、津波に巻き込まれたと見られている。

   熊田さんは09年に入社。10年4月から相双支社に勤務していた。福島民友新聞社の総務局長は「言葉に言い表せません」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中