2019年 4月 24日 (水)

ゲーム会社がついに損害賠償請求 違法アップロードは止まるのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は2011年4月18日、ゲームソフトを違法アップロードし刑事罰が確定した者に対し、損害賠償請求をしたと発表した。ゲーム会社が損害賠償を求めるのは同協会が関わった初めてのケースだという。ただし、賠償を求めた会社名や賠償金額については明らかにしていない。

   同協会によると、「Share」や「Winny 」などファイル共有ソフトを使った違法アップによる逮捕者が相次いでいるものの、根絶には至ってない。摘発し刑事罰を与えるだけでなく、損害賠償責を求めることが違法行為の抑止に繋がる、と判断しているという。

「DS」用ソフトだけで90万本以上

   ゲーム会社が損害賠償請求をしたのは「Share」を使って権利者に無断でアップロードし、著作権侵害の罪で有罪判決が言い渡された者に対して。11年4月18日付で送付したという。「Share」によってどれくらいのゲームソフトが違法アップロードされているか、09年8月の1日に限ってACCSが調査したところ、任天堂の携帯型ゲーム機「DS」用ソフトだけで4万6541ファイルが見つかり、「DS」用に発売されていたソフトが全て入っていた。本数にすると90万314本。市場価格にして約36億円相当になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中