宝石販売の「美宝堂」、事実上倒産 負債総額22億円

印刷

   帝国データバンク名古屋支店は2011年5月11日、ユニークなテレビCMを通じて東海地区で有名だった宝石販売店「美宝堂」(名古屋市東区)が事実上の倒産状態に陥ったと発表した。5月2日に2回目の不渡り手形を出し、金融機関から取引停止処分を受けた。

   負債総額は10年1月期末で22億円にのぼるとみられる。08年のリーマンショックで個人消費が落ち込んだことが影響した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中