2018年 7月 19日 (木)

ファミコンの「高橋名人」、ハドソンを退社へ

印刷

   1980年代後半、「ファミコン名人」として一世を風靡した高橋名人こと高橋利幸さん(52)が、2011年5月31日付で所属していたゲームメーカー「ハドソン」を退社すると23日のブログで報告した。

   高橋さんは1985年以来、ハドソンの広告塔としてイベントなどに出演。「16連打」などの得意技で子供たちからの人気を集め、ゲーム、漫画などの主人公にも起用された。ファミコンブーム以後も引き続きハドソンの社員として宣伝などの業務に携わり、2006年からは社内での肩書きも「名人」となっている。

   高橋さんはブログで、「人生の半分以上もの間、『高橋名人』でいられたというのも、不思議な感じがします」として、今後については「私が気に入ったゲームを、一本でも多く、みなさんに紹介出来る様に頑張っていければ」と話している。ハドソンは「ブログに書いてある内容が全てです」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中