2018年 7月 21日 (土)

配信写真掲載のヤフーにも賠償命令 三浦和義元社長の「手錠姿」

印刷

   1981年のいわゆる「ロス疑惑」をめぐって、08年に米国で逮捕され自殺した三浦和義元社長の遺族が、ポータルサイトに掲載された記事と写真で精神的苦痛を受けたとして、サイトを運営するヤフーと写真配信元の産経新聞社に対して660万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が11年6月15日、東京地裁(松並重雄裁判長)であった。判決では、写真が「元社長に対する遺族の敬愛追慕の情を侵害した」として、両社に66万円の支払いを命じた。

   問題となった写真は、三浦元社長が1985年に逮捕された際、手錠姿で連行される様子を撮影したもの。ヤフーが新聞社から配信を受けた写真を理由に、賠償を命じられるのは初めて。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中