2019年 8月 25日 (日)

「乳がんで余命2週間はウソ」 女子高生ニコ生で謝罪放送

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   18歳の高校生という女性が、ニコニコ生放送で、「乳がんで余命2週間」と告白した。ところが、その後、それがウソだったと謝罪し、物議を醸している。

「おそらく、この放送で最後になります」

ひろゆきもツイッターで紹介

波紋を呼んだ女性の生放送
波紋を呼んだ女性の生放送

   女性は、2011年6月24日のニコニコ生放送でいきなりこう切り出した。これまでに1か月放送を続けたといい、そのお礼を述べた後、本題に入った。

「あのー、私、病気なんですね。なんか、寿命があと2週間しかなくて。だから、笑ってあげて下さい」

   これは本当だと女性は強調したあと、放送する理由を語った。友だちがおらず、死ぬ前に、一番好きなニコ生をしたかったからというのだ。女性は、入院せず、無理を言って自宅で過ごしていると明かし、薬の袋も見せた。手術しても乳がんが再発し、骨などに転移しているという。そして、放送を見ている人たちと、最後に自宅で鍋パーティーをしたいなどと語った。

   放送中は、女性は何度も泣く仕草をみせ、ニコ生の画面には同情するコメントが寄せられた。また、このニコ生は、1万5000人もが視聴した。一方で、女性の頬が赤らんで元気そうにも見えたため、ウソではないかとのコメントも付いた。

   ニコ生を運営するニワンゴ取締役のひろゆきさん(34)もこの日、「18歳、乳がん末期、余命2週間の女の子の最後の生放送」とツイッターで紹介したため、ネット上では、その真偽を巡って一時騒然となった。

   その後、女性は、26日になって、乳がんで余命2週間というのはウソだとするコメントを寄せ、翌27日には、ニコ生で謝罪放送までした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中