江沢民氏死去「誤報」で幹部処分 中国ニュースサイト

印刷

   中国のニュースサイト「山東新聞網」が江沢民・前国家主席病死と報じた問題で、サイトを運営している新聞社の幹部が免職・降格などの処分を受けていたことが明らかになった。複数の中国語メディアや、共同通信が2011年7月13日、中国メディア関係者の話として報じている。山東新聞網は7月6日「敬愛する江沢民同志は永遠に不滅」と死去を伝えるバナーをトップページに設置したが、同日夜にサイトごと閉鎖されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中