魁皇、最多勝を花道に現役引退

印刷

   大相撲の最年長大関、魁皇(38)が現役を引退することが2011年7月19日決まった。腰痛から本来の相撲が取れず、名古屋場所10日目で3勝7敗と黒星が先行していた。

   魁皇は今場所、千代の富士が持っていた通算最多勝記録を更新し、1047に伸ばしていた。今後は、年寄「浅香山」を襲名し、指導者の道を歩む。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中