2024年 2月 22日 (木)

津波の直撃受けた地区を走る 石巻「がれきマラソン」開催目指す

   震災で4000人を超える死者・行方不明者を出した宮城県石巻市で、市民マラソンを開催しようという計画が動き始めた。その名も「石巻がれきマラソン大会」(仮称)。「がれきの町」と化した石巻の「今」を、多くの人に知ってもらいたいという住民の思いから名付けられた。

   計画の舞台は、石巻市東部の渡波町黄金浜地区。石巻湾に面し、津波の直撃を受けた地域だ。コースはこれから検討するが、渡波中学校の周辺3~10キロほどを予定し、2011年10月10日の開催を目指している。

年々復興する石巻の姿を、みんなで体感したい

   発起人となったのは、東京在住の会社員瀬川享市さん。きっかけは、ボランティア活動で石巻に行ったときに、「石巻市復興を考える市民の会」代表の藤田利彦さんと出会ったことだった。津波で家族を失いながらも、地域の復興を目指し奔走する藤田さんは、あるとき瀬川さんに「地域全体が参加できる、大規模なマラソン大会を石巻で開きたい」という夢を語った。

「『がれきの町』と化した今の石巻の姿を大勢の人に見てもらい、そんな中でもマラソンを開催できる石巻の元気を示したい。そしてそれを毎年開催することで、年々進んでいく石巻の復興を、みんなで体感したい」

   共感した瀬川さんは東京に戻ると、さっそく有志とともに企画を練った。今月15日には再び石巻へ行き、藤田さんら住民からも賛同を得て、地域への説明を始めるなど開催に向け本格的に動き始めた。

   実行委員会には現在東京のボランティアや石巻市民など、20人以上が加わっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中