「麻生太郎元首相に会いたい」 ノルウェーテロ犯の理想郷は日本だった

印刷

   ノルウェーで起きた爆弾と銃乱射の連続テロ事件の容疑者と日本の意外な「接点」が明らかになった。容疑者が書いた1500ページにも及ぶ文書の中に、日本こそが理想的な政治体制を持つ国だとの記述が見つかったのだ。

   さらに「会ってみたい人物」の1人として、麻生太郎元首相の名を挙げている。日本のどこにあこがれを持ったのか。

ネットに1500ページ「反イスラム」呼びかけ

ブレイビク容疑者が著した1500ページの文書の表紙
ブレイビク容疑者が著した1500ページの文書の表紙

   76人の犠牲者を出したノルウェーのテロ事件の犯人として逮捕された、アンネシュ・ブレイビク容疑者。事件を起こす前、インターネット上に「2083:欧州独立宣言」と題した1500ページの文書を公開していた。反イスラムを掲げ、ノルウェーのイスラム系移民受け入れ政策に反発していたというブレイビク容疑者は、この文書の序盤で「多文化主義、つまりは文化的マルクス主義に基づいた政治信条を排除しなければ、西欧諸国のイスラム化は避けられない」と独自の理論で読者に呼びかけている。

   1350ページ目付近では、「テンプル騎士団司令官のインタビュー」との見出しが出てくる。文書の中でブレイビク容疑者は、中世の欧州で活躍した騎士修道会「テンプル騎士団」の司令官を名乗っており、この章では各種の質問にブレイビク容疑者が答える形式で進行する。

   章自体が長編だが、この中に「今日の国家の政治システムで最も高く評価しているのはどこか」という質問があった。これにブレイビク容疑者は

「日本と韓国、台湾のシステムは特にすばらしい」

   いずれも「多文化主義を完全に否定」し、「自分たちの単一文化の維持、保護に努めている」という解釈だ。欧米から教育や科学、テクノロジー、経済のメカニズムを学びとる一方で「固有の文化だけは譲らない姿勢」と分析、共感を寄せた。

   英フィナンシャルタイムズ紙(電子版)の2011年7月25日付記事は、この点に触れた。ブレイビク容疑者が日本などアジアの国をモデルにしていることから「白人至上主義者や北欧の国家主義者でもない、言わば『大欧州主義者』」「極右思想でも特別な考え方の持ち主」と分析した専門家の言葉を紹介している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中