2018年 5月 21日 (月)

サッカー松田直樹選手が死去 ネットに悼む声あふれる

印刷

   日本フットボールリーグ松本山雅FC(長野県)に所属していた松田直樹選手(34)が、2011年8月4日午後、松本市内の病院で死去した。2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、意識不明の状態が続いていた。

   松田選手は1995年、当時の横浜マリノスに入団。16年間チームの中心選手として活躍したが、2010年シーズン終了後に横浜F・マリノスから戦力外通告を受け、2011年から松本山雅FCに移籍した。サッカー元日本代表としても知られ、2002年の日韓ワールドカップでは日本のベスト16入りに貢献した。

   訃報を受け、2ちゃんねるの松本山雅FC応援スレッドでは、「松田選手のダイナミックなプレーが好きでした」「ショックでフリーズしてるわ。前園や中田と同世代なのに」「まだ早過ぎる…」といった、悼む書き込みが目立った。ツイッターでも、「信じられない」「ただ悲しいです」「まだまだ元気にプレーしたかったろうに…」といった声があがり、サッカーファン以外も大きなショックを受けている人が多いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中