2019年 11月 16日 (土)

経産相会見「ヤクザ言葉」記者 本人が鉢呂氏に謝罪

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   不適切な発言で辞任に追い込まれた鉢呂吉雄前経産相の会見で、記者が「説明しろって!」などと声を荒げた問題で、数日後には一転、記者が鉢呂氏の事務所に謝罪に訪れていたことが明らかになった。鉢呂氏は、謝罪を受け入れた模様だ。

   2011年9月10日夜の辞任会見で、鉢呂氏が「放射能をつけちゃうぞ」などと報じられている発言の内容を確認する質問が続出した。

後任経産相の就任会見では問題発言はしなかった

   その中で、ある記者が所属や名前を名乗らずに、

「具体的にどう仰ったんですか。あなたね、国務大臣をお辞めになられるんだから、その理由ぐらいきちんと説明しなさい」
「何を言って不信の念を抱かせたか説明しろって言ってんだよ!」
「何を言ったからだってんだよ!」

と怒鳴ったため、批判が集中した。この場では、フリージャーナリストの田中龍作さんが、

「そんなヤクザ言葉、あなた、やめなさいよ。記者でしょう。敬意を持って質問してくださいよ!」

と、声をあげる一幕もあった。

   なお、この人物は、大手マスコミ所属の記者と見られ、9月12日に枝野幸男氏が後任の経産相に就任する会見では、下手の最前列に陣取っていたが、鉢呂氏の会見のように声を荒げることはなかった。田中さんは記者の右隣に座っており、会見直後に

「ご挨拶遅れてすみません」

などと名刺交換を申し出たが、これを無視。

「どうして名刺交換してくれないんですか?」

との問いかけにも応じずに、会見場を後にした。

   こうした言動への批判の高まりを受けたのか、記者は鉢呂氏に謝罪に出向いた。ニュースサイト「現代ビジネス」に掲載された長谷川幸洋氏(東京新聞・中日新聞論説副主幹)による鉢呂氏のインタビュー記事によると、9月13日に記者と部長が事務所に謝罪に来たという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中