2024年 2月 29日 (木)

技能やノウハウ若い世代に伝えたい ベテラン社員の思い実現できない理由

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   会社がもつ技能や知識、ノウハウを「伝承できていない」と感じている60歳以上のビジネスパーソンが約4割いることが、産業能率大学の調査でわかった。

   定年が近づくにつれて、長い会社勤めの経験から自分が得てきた技能やノウハウをできる限り次の若い世代に引き継いでいきたいと考えている人は少なくない。しかし、なぜかそれがうまく伝わらないようなのだ。

30~40歳代社員大きく減り、「伝承する相手いない」

   産業能率大学が実施した60歳以上のビジネスパーソンを対象にした仕事に対する意識調査は、2011年3月下旬にインターネットで実施。400人超から回答を得た。

   それによると、会社で「やりたい仕事」を聞いたところ、40.9%が「技能・知識の伝承」と答えた。「社員のメンター役・育成役」も25.8%いて、社員を育てることに携わりたいと考えている人が多いようだ。

   ただ、これまで働いてきたなかで得た技能や知識、ノウハウを「社内で伝承できているか」聞いたところ、「伝承できている」と答えた人は61.0%。一方、39.0%は「伝承できていないと思う」と答えた。

   「伝承できていない」理由としては、44.4%が「伝承する相手がいなかった」と回答。「伝承することを求められなかった」との回答も37.4%あって、もどかしさを感じている。

   こうした結果について、同大学は会社の人員構成が逆ピラミッド型となっていることを問題視。「30~40歳代の社員が大きく減っていて、なかでも1995~2000年の就職氷河期の世代は働き盛りで、本来であれば会社をリードしていかなければならないのに、この層が薄くなっていて深刻です」と指摘する。

   また、職場環境の変化も影響。雇用の流動化が進展したことや非正規労働者が増えたことで、社員同士の接点が減ったことや付き合いが希薄になったこともあるようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中