尖閣近辺に中国の海洋調査船 外務省が抗議

印刷

   沖縄・尖閣諸島の久場島北北東約121キロにある日本の排他的経済水域内で2011年9月25日夕、中国の海洋調査船「北斗」がワイヤーらしきものを3本引いて航行していたことが分かった。第11管区海上保安本部の航空機が見つけた。

   中国側から事前通報はあったが、航行、調査していたのは通報とは違う海域だったという。外務省は中国側に抗議したことを明らかにした。付近の海域では、7月にも中国の海洋調査船が航行しているのが見つかっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中