2018年 7月 19日 (木)

薄型テレビの販売額、9月は過去最大の減少

印刷

   薄型テレビの販売減少が続いている。調査会社BCNに取材したところ、2011年9月の薄型テレビの販売台数は、前年同月比で52%減と大きく落ち込んだ。8月に引き続き、2か月続けて前年同月を大幅に下回っている。また9月は販売額ベースでも過去最大の減少を記録したという。

   BCNによると、昨夏は「家電エコポイント制度」効果もあって販売がとりわけ好調だったことから、今夏の落ち込みが際立つ結果となっている。7月の地上デジタル放送への移行に伴う「地デジ特需」が一段落したことも、販売数の減少に拍車をかけた。

   10月以降も、前年同月との比較でみると減少傾向が続きそうだ。昨秋は、12月からエコポイントの付与が半減すると決まったことで「駆け込み需要」が起きており、今秋は売れ行きが不振となるというよりも「通常に戻ったと見た方がよい」とBCNは説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中