2020年 6月 1日 (月)

「auショップ」はiPhone 売る気あるのか 店内にポスターやポップすらない

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「auショップ」に「iPhone」を売る気力が感じられないーーこんな感想がネット上にたくさん出ている。

   国内で「iPhone」はソフトバンクの独占販売だったが、2011年10月からKDDI(au)が鳴り物入りで最新機種「iPhone 4S」の販売に参入。携帯電話業界の勢力図が変わるのではないか、とまで言われているのに、いったいどうしてしまったのか。

量販店はソフトバンクの予約コーナーのみ

   東京・新宿にある「auショップ」を2011年10月19日の昼に訪ねてみた。ある大型家電量販店の入り口にはソフトバンクの「iPhone 4S」の販売を告知する大きな看板が何枚も並んでいたが、「au」のものは無かった。売り場に行くと、ソフトバンクの「iPhone 4S予約コーナー」はあったが、「au」は無い。なぜ予約コーナーがないのか、「au」のシャツを着た店員に聞くと、

「あちら(ソフトバンク)の方がお客さんが多いから」

という返答が返ってきた。

   路面店に行ってみると、「iPhone 4S予約受け付けます」という看板を出しているショップもあるのだが、看板どころか、店内にポスターやポップすら見当たらないショップもある。その店員に「iPhone 4S」は売っているのか、と聞くと

「うちは金曜日に入荷しますので金曜日に来て下さい」

と言っただけで、予約の勧誘はなかった。

   ネットには「iPhone売る気ゼロ?auショップの悲しい現状」などといったまとめサイトもあり、様々な報告が並んでいる。そこには

「今日予約しにいったら代理店なのだろうけどしきりにiPhoneをdisってAndroidばかり進められた」
「たしかに、売りたい感じがしないというか、そのへんが不安なんですよねぇ」
「急な方針転換で代理店はやってられないという状態なんやろね」

といったコメントが出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中