2019年 5月 24日 (金)

「おんだらぁ。なめてんのか、この野郎」 上杉隆氏暴言で自由報道協会代表「辞任」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   記者会見のオープン化を目指して活動している「自由報道協会」で暫定代表を務めるフリージャーナリストの上杉隆氏が、突然「辞表なう」と、暫定代表を辞任する考えを表明した。その理由は、同協会が掲げる会見ルールを破って質問を続けた読売新聞記者に対して、上杉氏が「複数回にわたり『暴言』を吐いた」というもの。

   辞任届では、どの発言が「暴言」かは明らかにされていないものの、VTRを確認すると、読売新聞記者に対して、かなり厳しい言葉をぶつけている。現時点では辞任届は「暫定幹事長預かり」だが、協会メンバーのフリージャーナリストからは、辞任すべきでないとの声が相次いでおり、苦しい対応を迫られそうだ。

小沢氏の発言をさえぎって質問をぶつける

上杉氏は「辞表なう」と暫定代表の辞意を表明した
上杉氏は「辞表なう」と暫定代表の辞意を表明した

   発端は、2011年10月20日に協会が民主党の小沢一郎元代表を招いて開いた会見での質問だ。読売新聞記者が、

「政治規正法違反について『脱税や汚職に伴わない場合は実質的な犯罪とは言えないのだ」というお考えを述べていたが」

と質問したのに対して、

「そうは言っておりません」

と否定。読売記者がさらに食い下がっても小沢氏が否定したため、記者は政治資金報告書の虚偽記載について、

「汚職や横領とか脱税ということがなくても『実質的な犯罪』と言えるのではないか」

などと自説を展開。やり取りの中で、小沢氏の発言をさえぎって質問をぶつけたり、「質問は1つまで…」という司会者の注意を無視して質問を続けたりもした。

   この会見では、「質問は1人1つまで」というルールが事前に宣言されていたことから、協会ではこの読売記者の行動を「ルール違反」と問題視。会見後に上杉氏と協会メンバーの岩上安身氏が読売記者に抗議する中で、この「暴言」が出た。

   記者クラブなどが主催する政治家の会見では、質問に対する政治家の回答があいまいだった場合、記者が続けて質問するケースも少なくない。この「関連質問」のとらえ方について、両者の主張は平行線をたどった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中