2018年 7月 22日 (日)

オンラインゲーム休止騒動 「ハンゲーム」のNHNジャパンが回答

印刷

   オンラインゲーム「M2-神甲綺譚-」が、運営会社「Sankando」のサーバーの復旧見通しがたたないためサービスの一時休止が発表されたことについて、このゲームを配信しているポータルサイト「ハンゲーム」を運営するNHNジャパンは2011年11月12日、J-CASTニュースの取材に応じた。

   J-CASTニュースが11月11日に報じたとおり今回の騒ぎは、10月21日にゲームデーターなどを管理するサーバーの不具合が発生し、メンテナンスを続けていたものの11月9日になってSankandoが「一時休止」をウェブサイト上で告知したことに端を発する。ハンゲームは11日、サイト上で、Sankando側と「連絡が取りにくい状況」が続いていたと説明し、コミュニケーションや連携不足があったことを認めた。この点についてNHNジャパン広報は、「電話連絡やメールで長期メンテナンスに関する問い合わせをしていたが、返答がなかった」と話す。ハンゲーム側が手を尽くしてコンタクトをしていたが、11日になってようやくSankandoから、「事情があって遅れた」と連絡が届いたという。

   11日に両社は協議に臨み、その際にSankandoから現状報告があったそうで、その内容を踏まえて両社は、ゲームの迅速なサービス再開に向けて協力することを確認した。

   またNHNジャパン広報は、「最終的にサービス終了という結果になったとしても、現段階で(Sankando側に)損害賠償を請求する予定はございません」と明言。今後については、ハンゲームのサイトで「進捗状況についての更新情報を欠かさずお伝えしてまいります」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中