2018年 6月 26日 (火)

自転車で死亡事故起こし実刑判決 「守られない交通ルール」のツケ

印刷

   死亡事故を誘発したとして、自転車の運転者に禁錮2年の実刑判決が出され、改めて自転車の無謀運転がクローズアップされている。ますます自転車のルール違反が厳しく見られていくのか。

   「へーこんなことあるんだな」「車側が100%負けると思ってたんだが」

   重過失致死罪による実刑判決が2011年11月28日に大阪地裁で出たことが報じられると、ネット上では、こんな驚きの声が上がった。

被告は釈然とせず、「俺が悪いんですか」

   大阪市浪速区で5月12日朝に起きた事故では、歩行者の男性2人をはねて死亡させたタンクローリーの運転手と、タンクローリー前に急な車線変更をしたワゴン車の男性が、自動車運転過失傷害などの疑いで逮捕された。ところが、当時自転車に乗っていた大阪市西成区の無職男性被告(60)だけが、信号機や横断歩道もない5車線国道を横断して事故を誘発したとして、厳罰を下されたからだ。

   判決によると、自転車の男性被告がワゴン車の直前を横断しようとして、ワゴン車が左ハンドルを切り、タンクローリーもよけようと歩道に突っ込み、男性2人をはねた。真鍋秀永裁判官は、被告について「安易かつ身勝手」「刑事責任は相当重い」と断罪した。弁護側は「事故の予見は不可能」と無罪を主張していたが、「交通量が多く、予見できた」と退けた。

   フジテレビ系ニュースによると、被告は判決に釈然とせず、「俺が悪いんですか。向こうは車で殺したんですよ」と不満を訴えたという。車と自転車なら、どんな事故でも車が悪いと思っていたらしい。

   この事故では、タンクローリーの運転手とワゴン車の男性は、その後に処分保留で釈放され、嫌疑不十分で不起訴処分になっている。

   最近は、自転車利用者が増えて事故も多発し、ブレーキのないピストバイクの問題もクローズアップされるようになった。警察も自転車の取り締まりを強化する方針を示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中