2020年 5月 27日 (水)

嵐の歌が「あまりにひどい」と話題 謝罪したフジのツイッター「炎上状態」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2011年12月7日に放送された「2011 FNS歌謡祭」(フジテレビ系)に出演した嵐の歌が「あまりにもひどい」と話題になっている。音響トラブルが原因という説もあり、フジテレビのツイッターアカウントも嵐ファンによって炎上状態となった。

   例年12月に放送されているフジテレビの大型音楽特番で、今年もAKB48や少女時代、芦田愛菜さんら2011年を盛り上げた歌手やタレントが出演した。

出だしから声が出ず、歌声が不協和音に

   番組中盤、嵐がヴァイオリニストの葉加瀬太郎さん、宮本笑里さんと一緒に、現在フジで放送中のドラマ「謎解きはディナーのあとで」の主題歌、「迷宮ラブソング」を披露したのだが、これがとんでもないものだった。

   出だしから全く声が出ておらず、音程も定まらない。肝心のサビ部分も崩壊寸前で、終始歌声が不協和音と化している感じだ。

   メンバーも戸惑っているようで、出だし部分を歌った二宮和也さんが困ったような顔をしているほか、櫻井翔さんも苦笑いしている。

   これがネットで大きく話題になり、

「あまりに酷いから途中で聞くのやめたわ」
「音程が迷宮入りワロタ」「全員中居レベル」
「これじゃあ韓国勢に攻められても仕方ないわ」

といった書き込みが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中