2018年 7月 19日 (木)

フジ「FNS歌謡祭」プロデューサーが関係者に謝罪

印刷

   出演した歌手の歌が「あまりにひどい」と話題になっていたフジテレビの大型音楽特番「2011 FNS歌謡祭」(2011年12月7日放送)の番組プロデューサーが、関係者に謝罪したとブログで報告した。

   番組には総勢80組のアーティストが出演。AKB48や少女時代といった豪華な顔ぶれで、視聴率も19.9%(番組サイトより)と好評だったが、音響トラブルがあったのか、嵐の歌が聞きづらい状態になり、ネットでは番組への批判の声が挙がっていた。

   12月8日夜に更新されたチーフプロデューサーのブログによると、「制作上のトラブル」があり、アーティスト関係者に詫びたという。「つぎにもっとステキな何かをつくれるように、また1年、がんばります」と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中